沖縄日帰り旅行の心得

沖縄日帰り旅行の心得

沖縄日帰り旅行を計画しているあなた!
旅のスケジュールはちゃんと綿密に計画立てられていますか?

今まで散々「沖縄旅行は日帰りも出来る!」と提案させてもらいましたが、その満足度が高くなるか低くなるかは、スケジュールをいかに綿密に組み立てられているかにかかっています!
むしろ、スケジュールを立てるところからすでに旅行は始まっていると言っても過言ではありません!

沖縄を120%楽しみ尽くしたいのであれば、「沖縄日帰り旅行の心得」をしっかり押さえて計画を立てましょう。
 
 

沖縄日帰り旅行のポイント

飛行機は一番早い便を利用する

しょっぱなから当たり前のことを言って申し訳ないのですが、飛行機は必ず一番早い便を利用しましょう。
成田空港の場合、現在沖縄に行く飛行機で一番早いのは6:30成田空港発の飛行機です。
この飛行機に乗れれば、那覇空港に9時過ぎには到着することが出来るのです!

もし可能であるなら、沖縄旅行の前日の深夜便で沖縄に行くのも良いでしょう。
はたしてこれが日帰りと言えるのかどうかは微妙な所ですが、そういう手を使うのもありですよ!

スケジュールは分刻みで

沖縄日帰り旅行は時間との戦いです。
スケジュールはなんとなくではなく、分刻みで決めるようにしましょう。
分刻みのスケジュールを作成するためには、事前の下調べが大切。
行きたい場所が決まったら、そこに行くための時間、満足できる滞在時間など、インターネットなどを使って調べられるだけ調べておきましょう。

※間違っても帰りの飛行機に乗れなくなるような事態を避けるため、帰りの飛行機の時間から逆算して、ある程度時間に余裕を残しておくをおすすめします。
 

イレギュラーに備える

綿密に立てた計画も、いざ実行してみるとうまくいかないこともあります。
現地に行ってみたら交通機関が混んでいて思うように移動できなかったり、天候によって行ける施設が限られてしまったり等々。
イレギュラーは必ず起こります。
そんなイレギュラーに備え、万が一の時のためのプランも必ず用意しておきましょう。

おすすめの方法は、スケジュールに大分余裕を持たせて計画する方法です。
行きたいところや見たいところが多いとどうしてもキツキツにスケジュールを詰めがちですが、それではかえって満足できない結果を招いてしまう可能性が高いです。
時間に余裕を持ったスケジュールを組んでおいて、もし時間に余裕があるなら○○に行く、というようにしておけば、大きな失敗もせずに済むでしょう

コメントは受け付けていません。