津堅島帰りに必ず買いたいお土産

津堅島帰りに必ず買いたいお土産


津堅島旅行に行ったらお土産を買わなきゃ損ですよね。
とこうことで!
ここからは津堅島旅行の帰りに必ず買っておきたい、うるま市のお土産をご紹介していきます!

 
 

うるま市で有名なお土産

津堅にんじん

津堅島は別名キャロットアイランドと言われるほど、にんじんが特産品として有名です。
そんな津堅にんじんは県外で買うのは難しく、津堅島でないと買えません。
津堅島に行ったら必ず買っておきたい逸品です。

しかし収穫時期に行かないと買えません。
収穫時期でない時は、津堅にんじんを使ったお土産を買いましょう。

以下が津堅にんじんを使ったお土産品です。
・津堅にんじんサイダー
・津堅にんじんパウダー
・津堅にんじんピューレ
・津堅にんじんロール

見つけたら是非買ってみてください。

うるまの埋蔵金

うるま市の特産品である「黄金いも」と、ミネラル分がたっぷり入ったブランド塩「ぬちまーす」を使ったお饅頭が『うるまの埋蔵金』です。
全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した経歴もあり、うるま市の代表的なお土産です。

濃厚で上品な甘さが特徴的で、その甘さを際立たせる塩がアクセントとなり、思わず何個も食べちゃうほど。
甘い物が好きな方は絶対に好きな味ですので、甘い物好きな人へのお土産に悩んだら『うるまの埋蔵金』を渡せば喜ばれること間違いなしです。
また高級感のある外装なので、目上の方へのお手土産としても最適です。

 

アンダカシー

『アンダカシー』は沖縄の伝統的なお菓子です。
豚皮をラードで揚げており、高たんぱくで糖質ゼロの健康的なおやつとして注目を浴びています。
そんな『アンダカシー』の専門店がうるま市にはあり、お昼の情報番組などで取り上げられたこともあるそうです。

ダイエットを頑張っている人や甘い物が苦手な方へのお土産って、ちょっと迷いますよね。
そんな時に『アンダカシー』がおすすめなんです。
また無添加にもこだわっているので、お子様へのお土産にも最適です。
 
 

まとめ

以上、うるま市でおすすめのお土産をご紹介しました。
今回紹介したものの他にも、うるま市で買えるお土産はいっぱいあります。

「実物を見てから選びたい」という方は、『パーラー照間』というお店に行ってみてください。
『パーラー照間』は沖縄県産のお菓子やハンドメイド商品など様々な特産品・特産物を販売しています。
またオリジナル味噌を使ったおにぎりや懐かしいお菓子などの購入も出来ますので、観光として足を運んでみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。